不動産の真実を語る!  不動産と、日々の出来事を中心に書いています。 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
住宅メーカーの今後の生き残りをかけて、企画の方向転換をするケースが目立っていますね。


 東京では、城南地域が一番人気がありますが、まだまだ土地価格が高いため、商品化して販売をかけるときには、一棟で1憶円を超えます。(土地面積は30坪もありませんが)そうすると、こうゆう商品を買いたい人は、今はほとんどいないようです。

どうするかと・・・


少々、郊外に目を向けますと、かなり安く土地が手に入るようになってきました。

そこで、土地建物で4000万円~5000万円にするわけですね。(土地面積は15坪~20坪ですが)

これなら、一般的なサラリーマンでも手が届くわけです。

高級住宅地を企画するメリットは、グロスが大きいため、売れると利益が大きいのですが最近は、動きもあまりなく、値引きもかなりあるため、メリットが少ないわけですね・・・

不動産市況も、そろそろ落ち着くと言われますが、どうなりますかね・・・

 

 

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happyestate0309.blog10.fc2.com/tb.php/9-881f3f21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。