不動産の真実を語る!  不動産と、日々の出来事を中心に書いています。 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長谷工アーベストによると、首都圏の賃貸物件居住者800件に2009年4月に調査した結果、6割が持家を購入したいと答えた。

特に20代後半から30代が多かった。

持家希望の理由は、家賃がもったいない、家賃よりローンの方が得、老後も賃料を払っていくのは大変、持家の方が自由に使えて気兼ねない、となっている。


また、東急住生活研究所によると、首都圏に住む住宅取得計画のある1000人に調査した結果、今が住宅の買い時だと思っている人の割合が、昨年の4割から今年は7割に上昇していることがわかった。


不動産投資については、野村不動産アーバンネットが会員760人に調査したところ、投資家の9割が今は買い時と回答。



調査対象となった保有者の横顔として、興味深い内容を紹介します。

不動産投資物件の保有層は、50%が会社員、公務員が5%、オーナー経営者が28%

平均年齢は46歳で、年収は1000万円以上が50%

保有物件は区分所有マンションが55%、1棟アパートが36%、1棟マンションが30%、ビルが17%

総投資額は3000万円未満が25%、1億円以上が40%

物件購入時の資金プランは自己資金3割以下が66%、全額キャッシュが18%

管理方法は管理会社に委託(内、家賃保証有りが15%)が70%

これから購入したい物件では、1棟マンションが54%、1棟アパートが47%、区分所有マンション42%(複数回答)

予算は、1000万円以上3000万円未満が28%、5000万円以上1億円未満が30%

希望エリアは東京都心5区が46%、その他の23区が55%、横浜・川崎が35%(複数回答)

購入時に重視する条件は、エリア・立地が82%、次いで利回りが59%(複数回答)であった。


この調査内容はホント?と疑われる人も居るかもしれませんが、実際に一部ですが不動産は動いています。

先月、地方都市(政令都市ではない)で3億円の1棟収益マンションが売れたり、世田谷区で住宅用土地10区画分が即日完売したりしてます。




人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログへ

にほんブログ村 住まいブログ マンションへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happyestate0309.blog10.fc2.com/tb.php/81-cfeb990d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。