不動産の真実を語る!  不動産と、日々の出来事を中心に書いています。 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近の不動産業者の土地購入意欲が増してきています。

マンション用地ではなく、戸建て用の土地で30坪から200坪という小振りな物件です。

但し、都心で権利関係が複雑な物件や、債権者による価格交渉が難しい物件は、動いていません。


安く仕入れて安く供給したくても、少し良さそうな土地であれば数社が競合して、価格がつり上がっています。



先日も、世田谷区内の田園都市線沿線で、販売価格が220万円/坪位で6区画売り出されましたが、2日間で即日完売しました。

30坪で6600万円ですね。当然立地は良好です。

最近、このような事例をよく聞くようになりました。



不動産業界が淘汰されていると言われていますが、中小企業を含め、まだかなりの数の不動産業者がシノギを削っているわけですから、これからも各社生き残りをかけた土地取得合戦が始まっていくわけです。




青山の土地
動かない青山の土地


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログへ

にほんブログ村 住まいブログ マンションへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happyestate0309.blog10.fc2.com/tb.php/65-646aa03c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。