不動産の真実を語る!  不動産と、日々の出来事を中心に書いています。 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不動産の価格決定要因というと、それはいろいろあります。

ちょと大雑把な言い方ですが、経済・景気の良し悪しから、立地も当然大きく影響してきます。需要と供給のバランスとか・・・


確かに大事な要因ですが、極論を言いますと、これと言って決ったものはないのです。

今、この辺で売り出すならこの位だろうと・・・こんなものです。


ただ、そこに至るまでには、物件の周辺事例や、路線価等は調査するのです。

調査対象の内容としてはご存じの通り、駅距離・道路付け・前面道路の幅員・地型・土地の間口等がありますが、難しいのは駅距離を考えるときに、徒歩5分と徒歩10分の差、前面道路の幅員が4メートルと6メートルの差、土地の間口が10メートルと6メートルの差等です。


不動産鑑定士に頼めば正確な金額が出るじゃないか、と言う人も居るかも知れませんが、その都度、何十万円という費用もかかりますし、それ以前に、鑑定士が出した価格で売れる保証もありません。

業界では、ある種の経験と勘(データも必要)、が重要と言われます。











スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happyestate0309.blog10.fc2.com/tb.php/37-88ad1143
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。