不動産の真実を語る!  不動産と、日々の出来事を中心に書いています。 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中古マンション市況は、立地や売主によって資産価値が変わるといわれてます。
 

特に気になる問題として、中小振興デベロッパーが企画した場合は、物件の内容よりも量や営

業力が中心になるため、中古になったときに本来の物件の価値だけで評価されてしまうので財

閥系が分譲したマンションよりも下落率が大きいようです。



某夕刊紙では、07年1月に新築分譲販売した物件が、ひどいところでは現在▲28%となっています。平均すると▲15%位でしょうか。


以前、安く買うにはこのような物件も面白いと書きましたが、中小デベの物件の場合は当然売り出し価格から3割引で指してください。 (2008年前後に販売された物件は、価格が高く設定されているためです)

いろいろとリスクもありますからね。
  
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happyestate0309.blog10.fc2.com/tb.php/18-892a77b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。