不動産の真実を語る!  不動産と、日々の出来事を中心に書いています。 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相変わらずマンションの値引き広告が多いですね。

マンションを安く買うには、売主(デベロッパー)を必ずチェックしましょう。

財閥系と言われる大手は、マンションブランドを維持したり資金力もあったりするので、大幅な値引きは難しいでしょう。(高いけど大手という安心感はあります)

そうなると、資金力の乏しい中堅クラスのデベロッパーが狙い目なので、思いっきり指値しましょう。

例えば、80平米で6000万円の物件なら4000万円位(7掛け)、4000万円の物件なら2500万円位で言ってみましょう。


躊躇は不要。

もしダメと言われたら買わなければ良いのです。

マンションは、いくらでもありますし。

ただし、売主が倒産するリスクがありますので、最低限物件の引き渡しはしてもらわなければなりませんから、完成物件にしましょう。

その代り瑕疵担保責任は問えなくなりますから、10年保証ができなくなります。施工会社との調整を行い、どこまで保証可能であるかを取り決める必要がありますので、そのリスクと手間はかかります。

入居後の管理組合の運営は、住民で理事会を開催し、新たな委託先を選定すれば良いので、大きな問題ではありません。

とにかく、価格を最優先し、普通に屋根の下で生活できれば良いとするなら、このような考えでも十分であると思います。(月々の支払も大変ですしね・・・)

これがイヤな人は、財閥系が分譲する物件を財閥価格でお勧めします。

 

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happyestate0309.blog10.fc2.com/tb.php/11-ce72e1d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。