不動産の真実を語る!  不動産と、日々の出来事を中心に書いています。 
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、住宅用の土地の入札がありました。10社以上が参加しましたね。

世田谷区内でも人気ある場所で、駅徒歩圏、土地の企画もしやすい地形なので、すぐに売れる場所だなと思いました。

やや強気で値付けをして参加した結果、自分の値付けよりもさらに2割高い金額で落とされました。

今、考えるとそれでも売れる場所なのかも・・・


こんな感じで、立地が良ければかなり競争になっていますから、販売時の価格もそんなに安くはなりません。(郊外は別ですよ)

分譲マンションと同じ位の専有面積の一戸建てと比較すると、価格にあまり差がなくなってきましたね。

スポンサーサイト
今日の音楽で息抜き・・・は、パーキッツです。(知らないですよね)

2人のユニットで、ポップな演奏を聞かせてくれます。(ちょっと、マニアックかも)






パーキッツ YOU TUBEへリンク
      ↓

「それでも家を買いました」は、1991年にテレビで放映されたドラマです。

20代後半の夫婦が、マイホームを手に入れるまでの計画と苦闘(ホントそうです)を描いたドラマでした。

再放送されたら、必見ですね!参考になるかも。



ロケは横浜市鶴見区内の会社の社宅を借りて行われたそうです。


キャストは、三上博史、田中美佐子、高橋ひとみ、田中義剛、国生さゆり、宅麻伸、他でしたか。



主題歌は、「あの頃のように」障子久美   YOU TUBE
       
            ↓





長谷工アーベストによると、首都圏の賃貸物件居住者800件に2009年4月に調査した結果、6割が持家を購入したいと答えた。

特に20代後半から30代が多かった。

持家希望の理由は、家賃がもったいない、家賃よりローンの方が得、老後も賃料を払っていくのは大変、持家の方が自由に使えて気兼ねない、となっている。


また、東急住生活研究所によると、首都圏に住む住宅取得計画のある1000人に調査した結果、今が住宅の買い時だと思っている人の割合が、昨年の4割から今年は7割に上昇していることがわかった。


不動産投資については、野村不動産アーバンネットが会員760人に調査したところ、投資家の9割が今は買い時と回答。



調査対象となった保有者の横顔として、興味深い内容を紹介します。

不動産投資物件の保有層は、50%が会社員、公務員が5%、オーナー経営者が28%

平均年齢は46歳で、年収は1000万円以上が50%

保有物件は区分所有マンションが55%、1棟アパートが36%、1棟マンションが30%、ビルが17%

総投資額は3000万円未満が25%、1億円以上が40%

物件購入時の資金プランは自己資金3割以下が66%、全額キャッシュが18%

管理方法は管理会社に委託(内、家賃保証有りが15%)が70%

これから購入したい物件では、1棟マンションが54%、1棟アパートが47%、区分所有マンション42%(複数回答)

予算は、1000万円以上3000万円未満が28%、5000万円以上1億円未満が30%

希望エリアは東京都心5区が46%、その他の23区が55%、横浜・川崎が35%(複数回答)

購入時に重視する条件は、エリア・立地が82%、次いで利回りが59%(複数回答)であった。


この調査内容はホント?と疑われる人も居るかもしれませんが、実際に一部ですが不動産は動いています。

先月、地方都市(政令都市ではない)で3億円の1棟収益マンションが売れたり、世田谷区で住宅用土地10区画分が即日完売したりしてます。




人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログへ

にほんブログ村 住まいブログ マンションへ
今回のお薦めアルバムは、「KYRYN」です。

ずいぶんと古いんですけど、当時は良く聴いてました。


このアルバムは1979年に坂本龍一、矢野顕子、村上秀一、渡辺香津美らにより、KYRYN・BAND(キリンバンド)として結成され、リリースされました。

今の時代に聴いてみても十分聴けますよ。


このアルバムの中では、アイル・ビイ・ゼアが特に気に入っていますので、興味があれば、下をクリックして聴いてみてください。







アルバム「KYRYN」




YOU TUBE アルバム「KYRYN」より、「アイル・ビイ・ゼア」
            ↓
http://www.youtube.com/watch?v=f-9qTWyxtaA



KYRYN

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。